スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の法政大学史50 2012年8

10月上旬、ゆとり全共闘とりべるたんの瓦解が始まった。


引き金となったのは、りべるたんを作る際に中心となった3人のうちの1人の脱退だった。
彼は、りべるたんを脱退すること、ゆとり全共闘の運動から距離を取ること、そして別に新たなスペースを作ることを表明した。

個人的には新たに別の場所をつくることは場合によってはいいことだし、それで関係性や運動が拡大するならば積極的にその方針を取った方がいいと思う。しかし、この時は抜ける際の発言や行動でどうしても見過ごせない点があり、論争をすることとなった。大きくは、これまで共の活動を批判というよりは誹謗に近い発言をし、また個人と関係を切ったことが無視できなかった。


もしかしたら、ここを揉めることなく問題を曖昧にしてそれなりの関係を維持すれば、そこまで大きく瓦解することは避けられたかもしれない。でも僕には人生をかけて運動をしたり、あるいは逮捕されたりという後輩がいる中で、そういった分派の仕方はどうしても看過できなかった。この点については恐らく今同じ状況に置かれても同様の対応を取ると思う。いずれにせよ論争を展開したことにより、内部的緊張及びその後の亀裂は拡大してしまったのではないかと思う。






内部的な不和および亀裂の始まりと時同じくして、りべるたんでは隣人との関係も緊張状態に置かれていた。
結論から言うと、この隣人との関係及び対応が瓦解の決定打となった。


隣人とのトラブルの内容はトイレットペーパーを勝手に使ったとか、靴の場所が動いているなどの、どちらかというと些細なものだった。しかし、その注意の際に隣人から包丁を振るわれるというトラブルが一度発生していた。僕たちは隣人とのトラブルを話し合いで解決しようと有志で集ったのだが、その際に再度隣人に包丁で襲い掛かられてしまった。

人生において、人に包丁で襲い掛かられるということはあまり経験しない。
直後に僕たちはどういった対応をすべきかを話し合い、隣人の行動をそれまで情報拡散に使っていたSNS等で公然にするという方針を取った。そしてこの対応が、包丁襲撃時に不在だった一定数から批判を受けた。この事が要因となり二分は決定的となった。




恐らく揉めることになるであろうとわかっていた方針を決定した背景には、このころの内部的な不和も大きな影響を与えていると思う。
すでに抜けた1名はどちらかというと穏健な人で、新たなスペースとしてもりべるたんよりも穏健な場所を志向しており、その志向に近い人を集めていた。一方隣人に立ち向かった僕たちは、どちらかというと武闘派。逮捕・弾圧・隣人トラブル、各種アクシデント、全部受け止めて乗り越えていくというような雰囲気があった。


穏健派か武闘派か、勉強会か直接行動か、弾圧や逮捕を極力避けるか弾圧・逮捕も想定にいれて行動するか…。その境界線で僕たちはピリピリしていた。互いがいて、良いバランスで回っていたはずなのに少しずつバランスが崩れ、いつからか共に回ることがなくなった。そして分派が現実的な選択肢と現れた中で、二分の方向に舵を進めた。



最終的な決定打自体は隣人トラブルという運動とは遠いところにあるものだった。
しかし、このころはそれ以外にも爆発しそうな爆弾がたくさんあったように思う。その中の一つである「隣人トラブル」という爆弾がたまたま最初に爆発した、そういった見方ができるのではないかと思う。当時の緊張や不和の高まりは決して低いものではなく、弾圧との関係、運動の限界、思想の違い、性格の不一致などの積もり積もったものがあった。




ゆとり全共闘結成から約1年、各キャンパスで連携して運動を展開し、100名を超える規模の就活デモも事実上主催した。ドキュメンタリー映画(参考)にもされ、各種イベントにも出演させていただきと、非常に濃く、また可能性のある時間を過ごした。しかし、その可能性は少しずつ現実の中で小さくなっていき、二分によってほぼ途絶えた。


そして僕たちは、完全な窮地に陥った。
スポンサーサイト
プロフィール

自由空間

Author:自由空間
先輩が作ったサークルが廃墟になってしまったので、かなり個人的に使っています。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。